50歳を過ぎたら注意!前立腺がん

前立腺がんは日本で増加してきている!

前立腺がんはもともと欧米に多く、日本は欧米の1/10~1/20の罹患率とされていました。しかし、近年では日本でも前立腺がんの罹患数が増加しています。

前立腺がんにかかる人数は、1年間で男性10万人中104人程度です。これを年齢別にみると、40歳代で約2人、50歳代で約40人、60歳代で約210人(470人に1人)、70歳代で約490人(210人に1人)、80歳以上で約520人(190人に1人)となります。前立腺がん罹患数は今後も増加が予想され、2020年以降は1位になると予測されています。

前立腺は、膀胱のすぐ下にあり、尿道を取り囲んでいる男性特有の臓器で、くるみの実のような大きさ・形をしています。前立腺がんは前立腺の中でも周辺部の外腺というところにできやすいがんです。初期では尿道や膀胱を圧迫することがないため、ほとんど症状があらわれません。かなり進行した状態になれば、尿が出にくいといったような症状があらわれます。
そのため、以前は早期に発見することが難しい病気でしたが、現在は、検診などで実施されるPSA検査という血液検査で簡単に発見できるようになりました。

前立腺内にとどまっているがんを早期に発見して適切に治療することで完治が可能な病気です。50歳になったら、定期的に血液検査で簡単にわかる「PSA検査」を受けられることをおすすめします。人間ドック受診の機会がある方、親・兄弟に前立腺患者さんがいる方は、40代からの検診受診をよりおすすめします。

前立腺がんの原因は何か

前立腺がんの原因は遺伝子の異常と考えられており、加齢と男性ホルモンの存在が影響しますが、いまだ明確ではありません。そのため、効果的な予防法も明らかではありません。

欧米での報告によると、肉やミルクなど脂肪分が多く含まれている食事を多く摂取することにより、前立腺がんの発生が増えると考えられています。一方、穀類や豆類など繊維を多く含む食事はがんの発生を抑える効果があると考えられています。ハワイや米国東海岸在住の日系人は日本人と米国人の中間の発生率であり、食事の欧米化が原因とする考えの根拠のひとつになっています。

喫煙との関係を指摘する報告もあります。前立腺がんは、遺伝の要素が強いがんのひとつと考えられているため、前立腺がんと診断された親族がいる場合、早め(40歳〜)にPSA検査を受けることをすすめます。

下部尿路の病気・ほかの病気起きるの?

前立腺肥大症以外の原因による「下部尿路症状」も、EDと関連する可能性があります。例えば:何らかの排尿障害がある場合はEDを合併するケースが多く見られます。また、生活習慣病が関わっている可能性が指摘されています。実際、高血圧や糖尿病、脂質異常症にかかっている人ほど、下部尿路症状が生じやすいとする報告が集まっているのです。

例えば:糖尿病の方は
糖尿病のせいで、血液中の濃すぎる糖分を排出しようと、体が水分を欲し、尿として排出しようとするからです。また糖尿病が進行して神経に障害を来すようになると、今度は膀胱の活動が抑制されるため、排尿トラブルが現れやすくなります。1度の排尿でスッキリと出し切ることができなくなり、残尿感を覚えるため、自然と頻尿にもなります。

だからと言って、このように生活習慣病と下部尿路症状には密接な関わりがありますが、もともと生活習慣病はEDの重要なリスクファクターです。いずれの病気も血管にダメージを与え、血流を悪くしますし、糖尿病では神経性のEDにつながる危険性もあります。

慢性前立腺炎完全に紹介

前立腺(ぜんりつせん)(prostate)は、器官の一つで、男性のみに存在する生殖器。膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むかたちで存在、精嚢が隣接。クルミほどの大きさで、重さは数十グラム。女性器におけるスキーン腺に相同である。また、前立腺小室は同様に子宮に相同である。前立腺に関して病気はたくさんあります。今 一つとして一緒に了解しましょう!

慢性前立腺炎(まんせいぜんりつせんえん)とは細菌が原因になって起こる慢性の前立腺炎の事であります。つまり、慢性細菌性前立腺炎と言われました。

起きる原因
1.この慢性前立腺炎の原因は、急性の細菌性前立腺炎が慢性化して起こる場合と、何らかの基礎疾患があるか、カテーテルが入っているか、結石のような異物があり、それがブドウ球菌、腸球菌、セラチア菌などの細菌によって慢性的に起こる場合があります。

2.細菌が原因となる慢性前立腺炎は10%程度と比較的少なく、ほとんどが細菌とは関係の無い非細菌性慢性前立腺炎もあります。

症状とは
症状自体は大したことは無く、痛みも無い。微熱程度の発熱(38度以下程度)、前立腺肥大症や慢性膀胱炎のような症状、精液に膿や血液が混じったりして精液が黄色くなるなどが主な症状である。血液中の白血球が増える事もあまり無い。

前立腺についての知識

前立腺(ぜんりつせん)(prostate)は、器官の一つで、男性のみに存在する生殖器。膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むかたちで存在、精嚢が隣接。クルミほどの大きさで、重さは数十グラム。女性器におけるスキーン腺に相同である。また、前立腺小室は同様に子宮に相同である。

前立腺に関して病気

1.急性前立腺炎
急性前立腺炎(きゅうせいぜんりつせんえん)とは、前立腺が細菌に感染して起こり、急激に発症する急性の前立腺炎の事である[1]。正確には急性細菌性前立腺炎(きゅうせいさいきんせいぜんりつせんえん)とも言われる

原因
前立腺炎は多くが原因が解明されていないが、この急性前立腺炎は原因が解明されている。尿道、血管、リンパ腺を通ってきた細菌が原因になるもので、多くの場合は尿道を通して感染が起こる。細菌としては大腸菌、緑膿菌等の腸内細菌が主なもので、その他には腸球菌やブドウ球菌のような球菌によって起こる場合もある。そして、発症するのは20歳代から60歳代にかけての男性に多い。

2.前立腺癌
前立腺癌(ぜんりつせんがん)(prostate cancer)とは、前立腺(外腺)に発生する病気、癌の一つ。様々な組織型の悪性腫瘍が生じうるが、その殆どは腺癌で、通常は前立腺癌≒前立腺腺癌の意味で用いられる。2012年4月日本で初めてロボット手術であるda Vinciの保険適応となった疾患である。

3.前立腺肥大症
前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)は加齢とともに前立腺(内腺)の細胞数が増加し肥大化する疾患。

原因
前立腺肥大症の主な原因として、加齢・性ホルモン・喫煙・肥満・肝硬変・アルコール摂取・高血圧・家族歴(遺伝)が挙げられている。ただし、これらはあくまで疑われている要因でしかなく、現在において前立腺肥大症の明らかな原因はわかっていない。

4.慢性前立腺炎
慢性前立腺炎(まんせいぜんりつせんえん)とは、細菌が原因になって起こる慢性の前立腺炎の事である。慢性細菌性前立腺炎(まんせいさいきんせいぜんりつせんえん)とも言われる。

原因
この慢性前立腺炎の原因は、急性の細菌性前立腺炎が慢性化して起こる場合と、何らかの基礎疾患があるか、カテーテルが入っているか、結石のような異物があり、それがブドウ球菌、腸球菌、セラチア菌などの細菌によって慢性的に起こる場合がある。ほかにはただ細菌が原因となる慢性前立腺炎は10%程度と比較的少なく、ほとんどが細菌とは関係の無い非細菌性慢性前立腺炎である。